配達作業について

貸しおしぼりの配達

貸しおしぼりはいつでも清潔なおしぼりを提供できることで人気が有ります。それを支えているのはいつも時間通りにおしぼりを配達してくれている配達員の方がいてこそです。様々な時間で営業しているお店に遅れることなく思いおしぼりを運んでくれています。当然と言えば当然ですが、配達している方への感謝の気持ちを忘れないようにしたいものです。

タオルについて

タオルとは基本的に綿でできており、性能としては吸水性を求められ、最近では肌触りなども重視される製品です。ほとんどの場合、ループ状の糸が表明上に飛び出しており、通気性が高いものになります。高級な風合いを出すために厚みをつけたり、逆に使用用途に応じて手ぬぐいのような形状に近づけている製品もあります。今では一般家庭には無くてはならないもので、宿泊先などでタオルの肌触りがいいと、少し高級な気分になるような役割も果たしている場合も有るようです。

貸しおしぼりの歴史

タオルの歴史ですが、スペイン、かフランスの言語が語源ではないかと言われえおります。日本でタオルが利用されたのは明治5年と言われております。当時は、その肌触りからマフラーのように使用されていたこともありました。少し経つとパイル織りという手法が編み出され現在の主流になっております。 産地としては今治のタオルが有名です。今治は愛媛県の北部にあり、古くからタオルの産地として認識されていおります。